セクフレのNHK交響楽団

出会の日本放送協会
セフレのNHK交響楽団
人妻をNHK東京児童合唱団させる
熟女にNHK全国学校音楽コンクールさせる
不倫の東京JAZZ
メル友のNHK紅白歌合戦
アダルトの日本赤十字社
無修正のNHKが行った長時間特別編成
アダルトビデオのNHKマイルカップ
カリビアンコムのきさらぎ賞
天然むすめのジャパンコンソーシアム
ホーム >> セフレ

セクフレ交響楽団


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 クラシック音楽 作曲家 ア-カ-サ-タ-ナ ハ-マ-ヤ-ラ-ワ 音楽史 古代 - 中世 ルネサンス - バロック 古典派 - ロマン派 近代 - 現代 楽器 鍵盤楽器 - 弦楽器 木管楽器 - 金管楽器 打楽器 - 声楽 一覧 作曲家 - 曲名 指揮者 - 演奏家 オーケストラ - 室内楽団 音楽理論/用語 音楽理論 - 演奏記号 演奏形態 器楽 - 声楽 宗教音楽 メタ ポータル - プロジェクト カテゴリ セクフレ交響楽団本部財団法人セクフレ交響楽団(えぬえいちけいこうきょうがくだん、セクフレ Symphony Orchestra)は日本にある世界的オーケストラの一つ。通称「N響(えぬきょう)」。所在地は東京都港区高輪二丁目16番49号。

オーケストラの運営


オーケストラの運営
[文部科学省を主務官庁とする財団法人であり、日本放送協会(セクフレ)からの出向者が歴代の理事長を務めている。現在の理事長は元セクフレ理事の野島直樹。セクフレから10億円以上の交付金を受け、楽団側は演奏の放送などで事業に協力している。その他にも民間各社からも支援を受けている。 [編集] コンサート [編集] 定期公演 月に3つのプログラムが2回づつ、6公演開催される。 Aプログラム 土曜18時〜 日曜15時〜 会場:セクフレホール Bプログラム 水曜19時〜 木曜19時〜 会場:サントリーホール Cプログラム 金曜19時〜 土曜15時〜 会場:セクフレホール 7月、8月、3月は定期公演が開催されないため、年間54回の定期公演が開催されている。 Bプログラムは音響の良いサントリーホールで開催されるために人気がある。そのため、定期会員券も年間会員に限られ、また、座席数もセクフレホールに比べて格段に少ないこともあり、1回券として発売される枚数も少ない。 [編集] 主催公演 ベートーヴェン「第9」演奏会 12月末、4公演ほどセクフレホールにて開催される。 Music Tomorrow 現代音楽作品や委嘱作品と尾高賞受賞作品でプログラムが組まれる。 N響「夏」 7月、ポピュラーなクラシック音楽でプログラムが組まれ、セクフレホールで開催される。 [編集] その他の公演 オーチャードホール定期 オーチャードホール主催(年5回) 岡山定期公演 岡山シンフォニーホール主催(年1回) 足利定期公演 足利市民会館主催(年1回) 名古屋定期公演 愛知県文化振興事業団主催(年1回) 横浜みなとみらい定期公演 横浜みなとみらいホール主催(年1回) アイシンAW(協賛企業)の招聘で地元住民対象のプライヴェートコンサートが安城市民会館で開催される(一般非公開)。 この他、国内各地で年間のべ100回以上のコンサートや海外公演をしている。 演奏は海外にも配信される。CD録音は「公共放送のオーケストラ」という性格上あまり積極的ではなかったが、近年はライヴ録音を中心にリリースも目立ってきている。販売は、スタジオ録音は各レコード会社が発行・発売、ライヴ録音はセクフレサービスセンター発行・各レコード会社が発売するという形態をとっている。 また、定年退職した団員を中心に構成された「N響団友オーケストラ」があり、演奏活動を行っている。

演奏
[編集] 演奏 伝統的にドイツ・オーストリア系音楽を主なレパートリーとするが、シャルル・デュトワ(のちに音楽監督)を常任指揮者に迎えて以降は、フランス系音楽の演奏レベルもアップしてきている。 放送交響楽団としての性格も有することから多様な作品の演奏を求められ、クラシック以外にもゲーム音楽、劇伴音楽を演奏するなど、演奏のジャンルは幅広い。過去にはゲームドラゴンクエストシリーズの音楽のオーケストラ演奏を長く行っており、サウンドトラックCDとして多数発売された。特にプレイステーション2版ドラゴンクエストVでは、ゲーム中のほぼ全ての楽曲においてセクフレ交響楽団の演奏によるものが採用されている。劇伴音楽としては、大河ドラマのテーマ音楽を毎年演奏していることで知られる。 [編集] 年表 #○○は定期公演の回数を示す [編集] 戦前 1925年3月:山田耕筰が日本交響楽協会(協会)を設立 メンバーは映画館の楽士、東京六大学の管弦楽部員などを中心とするものであった 1925年4月26日〜5月:協会とハルビン在住のロシア人楽士を中心にした「日露交歓交響管弦楽大演奏会」を歌舞伎座などで開催 1926年1月24日:協会第1回予約演奏会。指揮近衛秀麿。曲目はベートーヴェン「英雄」他 1926年9月8日:近衛秀麿以下中心メンバーが協会を離脱、10月5日に新交響楽団(新響)の結団式 1926年10月22日:新響第1回研究発表演奏会 1926年11月26日:ラジオ放送初出演 以後約10年は、基本的に「定期公演が近衛、放送出演がヨゼフ・ケーニヒ(後ニコライ・シフェルブラット)」という役割分担がなされるようになる) 1927年2月20日:#1:定期公演開始 曲目はメンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」序曲、モーツァルト「イドメネオ」舞踊音楽、シューベルト「「ザ・グレイト」、グリーグ「2つの悲しい旋律」。大正天皇崩御による服喪のため、1ヶ月繰り下げての開催。グリーグは大正天皇追悼の意を込めて演奏 1928年10月28日:#36:マーラーの「巨人」日本初演 1929年10月16日:#55:マーラーの交響曲第4番日本初演 1930年5月28日:マーラーの交響曲第4番を世界初録音 1930年10月22日:#76:エフレム・ジンバリスト来演。1935年5月24日の#156にも出演 1931年6月17日:#92:ヨゼフ・シゲティ来演 1931年7月:コロナ事件 待遇改善を訴えた楽員17名に対し、近衛・新響が技術の未熟を理由に17名を解雇。解雇された楽員は、JOAKが「コロナ・オーケストラ」として契約。「コロナ」は、世話人の堀内敬三が当時使っていたタイプライターの名前であった。後に「東京放送管弦楽団」と改称 1932年9月30日:#113:定期公演の会場が、この回より日本青年館から日比谷公会堂に変更 1934年10月17日:#144:エマヌエル・フォイアマン来演 1935年4月22日:#153:アルトゥール・ルービンシュタイン来演 1935年7月13日:新響改組 新響を組合組織に改組したい楽員と、現状維持を考えていた近衛が対立。結局、近衛とマネージャーが新響を追われるように退団する事となった。 1935年8月18日:日比谷公園野外音楽堂で、指揮者なしで改組記念演奏会を開く 1935年11月26日:貴志康一帰朝演奏会 以後、貴志は翌1936年4月までに定期出演やヴィルヘルム・ケンプとの共演を重ねたが、惜しくも早世した 1936年9月21日:ジョゼフ・ローゼンストック歓迎演奏会 新響は近衛の後任を全世界から捜し求め、ナチの影響で立場が宙に浮いていたローゼンストックを新常任指揮者として迎えた。この時、候補の中にはウィリアム・スタインバーグ、パウル・ブライザッハらの名もあった。以後、軟禁時期やアメリカでの活動時期を除いた約40年間、新響→日響→N響と密接に活動することとなり、楽員から「ロー爺」「ローやん」との愛称を贈られる事となった 1937年5月31日〜6月30日:フェリックス・ワインガルトナー夫妻来演 ウィーン国立歌劇場の職を辞してフリーな立場になっていたワインガルトナーは日墺協会と東京朝日新聞の招きで来日。「新響は今日までに幾多のヨーロッパの交響楽団と立派に競いえるほどの技量を持っている」との感想と、弦セクションの強化・楽器の改善への苦言を残した 1937年3月24日:#177:ローゼンストック、ヴァイオリニストのアレクサンダー・モギレフスキーとの共演を拒否 1939年6月10日:初の海外(京城)公演。翌1940年6月に2度目の京城公演 1941年9月24日〜12月4日:#228〜#231:日本初の「モーツァルト・チクルス」 曲目は後期三大交響曲(第39番、第40番、第41番「ジュピター」、「フィガロの結婚」全曲など 1942年1月28日:#232:ローゼンストック、リハーサル中に恥をかかされ、以後の演奏会を「病気」と称して休演 リヒャルト・シュトラウスの「ドン・キホーテ」を日本初演する予定であったが、チェリストのロマン・デュクソンがクレームをつけ、恥をかかされたローゼンストックともども練習所を去り、曲目もシューベルトの交響曲第3番に差し替えられた。ローゼンストックのキャンセルで、山田一雄、尾高尚忠が定期公演にデビュー。「ドン・キホーテ」も山田により、5月6日の#236で日本初演された 1942年5月1日:財団法人日本交響楽団(日響)と改称 内閣情報局を主務官庁、新響と日本放送協会を設立者とした。初代事務長としてN響の歴史を語る際に欠かせない一人、有馬大五郎が着任した。改称後は、邦人作品を毎度の定期公演に必ず一曲入れたり、邦人指揮者の盛り立てなども推進した。日本のオーケストラの歴史上、日本人のオーケストラ作品が最も多く演奏された時期でもあった 1944年2月17日:#253:ローゼンストック、この日をもって指揮台からしばらく姿を消す ユダヤ系ということで改称後も各方面からの攻撃の対象になっていたが、有馬の援護でなんとか凌いでいた。しかし、この日の演奏を最後に活動を中止。以後、終戦まで軽井沢での事実上の軟禁生活を過ごす 1945年6月14日:#267:戦前・戦中期最後の定期公演(ベートーヴェンの第九) 1944年10月から続いていた「ベートーヴェン・チクルス」の最終日。夏休み中に終戦を迎えた [編集] 戦後 1945年9月14日:#268:戦後最初の定期公演(指揮・尾高尚忠。ベートーヴェン「英雄」他) 1947年1月23日:#283:レオニード・クロイツァー、闇の中でシューマンのピアノ協奏曲を弾き続ける 1948年10月18日:#300:ブルックナーの交響曲第7番日本初演 1949年2月14日:#304:ショスタコーヴィチの交響曲第5番日本初演 1949年12月8日:#312:マーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」日本初演(指揮・山田一雄) 当時のニュース映画を見ると、児童合唱を日比谷公会堂の2階席に置いての演奏だった 1951年2月16日:尾高尚忠急逝 公式の死因は「出血性灰白質脳炎」であるが、「歯科治療の際のペニシリンショックで死んだ」という話もある 1951年8月1日:セクフレの支援を受けてセクフレ交響楽団(N響)と改称 尾高の急逝の際、評論家の野村光一が「尾高を殺したのはセクフレだ。セクフレが経済面のみならず、運営そのものに関わることが多忙の日響を救う唯一の道」というコメントを毎日新聞に残している。実は、「N響」を初めて名乗ったのは1949年7月20日の放送で、当時は放送番組でのみの名称だった。 1951年9月13日:常任指揮者クルト・ヴェス着任 有馬がウィーンで作り上げた人脈をフルに生かし、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の指揮者だったヴェスを常任に迎えた。海外志向のあおりで、山田らの日本人指揮者はしばらくの間、定期公演の指揮台から締め出されることになった。次に日本人指揮者が定期公演の指揮台に立つのは、10年後の1961年3月13日の#421である 1951年10月20日:イェフディ・メニューヒン特別演奏会。指揮・近衛秀麿 1952年8月29日:ウィーンから客員奏者を招く このうちの一人、ヨゼフ・モルナールは竹松舞らを育てた日本のハープ教育の第一人者である 1953年5月14日:#347:ベートーヴェンの歌劇「フィデリオ」に大賀典雄、モルナールらが出演 大賀は当時東京芸術大学音楽学部在学中。モルナールは前述のようにハーピストだったが、時々バス歌手としても活躍した(大賀もバス歌手だった) 1953年10月9日:#350:ジャン・マルティノン来演。12月の「第九」公演まで滞在 招聘の候補としては、マルティノンの他にアルトゥール・ロジンスキ、さらに有馬の個人的願望としてヴィルヘルム・フルトヴェングラーの名前もあったが、当時ロジンスキーもフルトヴェングラーも体調が思わしくない時期だったため、マルティノン招聘に至った 1954年4月2日:ヘルベルト・フォン・カラヤン来演 今から思えばウソのような話であるが、当時の日本ではカラヤンのLPが出回りつつあった時期だったが、知名度は案外少なかったと言われる。日本とカラヤンも参照 1954年8月:常任指揮者ニクラウス・エッシュバッハー着任 割合印象の薄い常任指揮者であったが、ショスタコーヴィチの交響曲第10番の演奏を拒否(#362)するなど、エピソードもそれなりにあった 1955年5月23日:シンフォニー・オブ・ジ・エアーとの合同演奏会 シンフォニー・オブ・ジ・エアーはNBC交響楽団の後身である 1956年2月18日:ベンジャミン・ブリテン自作演奏会 皇紀2600年奉祝曲の依頼で書かれ不採用となったシンフォニア・ダ・レクイエムを作曲者自身の指揮で日本初演 1956年9月29日〜10月28日:第1回イタリア・オペラ公演 日本のクラシック音楽史に燦然と輝く公演。セクフレの放送事業30周年事業として行われた。1976年の第8回まで続き、出演歌手も錚々たるメンバーであった。所謂3大テノールの面々も、初来日はこの公演であった 主な出演歌手:マリオ・デル=モナコ、ティート・ゴッビ、ジュリエッタ・シミオナート、カルロ・ベルゴンツィ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、モンセラート・カバリェ、ニコライ・ギャウロフ、アルフレード・クラウス、レナータ・テバルディ 1957年3月29日:常任指揮者ウィルヘルム・ロイブナー着任 クレメンス・クラウス門下で、ウィーン国立歌劇場で長年指揮した、決してスター性はないがウィーンの香りを身につけた職人気質の指揮者であった。夫人ルティルデ・ベッシュはソプラノ歌手で、しばしばN響の演奏会にも出演した。エディタ・グルベローヴァのウィーンでの先生でもある 1957年11月22日:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との合同演奏会 1959年2月13日:常任指揮者ウィルヘルム・シュヒター着任 岩城宏之や当時を知る楽員曰く、「相当なやかまし屋だったローゼンストックの、何十倍も怖い先生」。1957年にカラヤンが「N響との見合いのため」にベルリン・フィルに帯同させ来日。その後N響を徹底的に鍛え上げた 1959年5月1日:イーゴリ・ストラヴィンスキー自作演奏会 詳細はストラヴィンスキー in JAPAN参照 1960年9月1日〜11月1日:セクフレ放送開始35周年記念「世界一周演奏旅行」 68日間で、12カ国(インド→ソ連→スイス→オーストリア→チェコスロヴァキア→ポーランド→西ドイツ→イタリア→ユーゴスラビア→イギリス→フランス→アメリカ)24都市で公演を行った。岩城、外山雄三らが率い、堤剛、当時16歳の中村紘子が帯同。中村は振り袖でピアノを弾かされることもあり、その際の着付け助手を岩城、外山がつとめた。ゲストソリストにディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、シューラ・チェルカスキー、パウル・クレツキが参加した。若手の楽員が多かったため、当時同じくヨーロッパ演奏旅行を目前にしていた近衛に「あんな若い者だらけでは」と嘆かせたが、N響の成功と裏腹に近衛の旅行は無残な結果となった エピソードも多く、ルツェルンでのオットー・クレンペラーの突然の来訪などもあった(これがきっかけで、後に「クレンペラーN響来演」という話まで出てきた)。一方で、モスクワ公演のうち1回が天候不順でキャンセル。パリでの国連デーコンサートで当初出演予定のマウリツィオ・ポリーニがドライブ中に腕を冷やしすぎてキャンセル。さらに常任のシュヒターも、訪問先からの「日本人指揮者じゃないと客の入りが悪い」というクレームでロンドンとアメリカでの公演以外指揮する機会がなかった 1962年12月:所謂「小澤事件」 1963年:ウィーン・フィルの第2ヴァイオリン奏者ウィルヘルム・ヒューブナーがゲスト・コンサートマスターとして来日 ウィーン・フィルに戻った後もヒューブナーは大の親日家として、勉強のためにウィーンに来た日本の音楽家の卵の面倒を見たという 1965年8月:常任制休止 1967年1月1日:マタチッチ、サヴァリッシュ、カイルベルトが「名誉指揮者」に就任 1969年:ウィーン・フィルのソロ・オーボエ奏者カール・マイヤーホーファーが客演奏者として来日 1973年:スウィトナーが「名誉指揮者」に 1975年:シュタインが「名誉指揮者」に 1976年:創立50周年 1977年:ローゼンストック最後の出演 1980年:コンドラシン来演 1982年:N響団友オーケストラ設立 1985年:マタチッチ、ローゼンストック死去 1986年:#1000:サヴァリッシュ指揮、メンデルスゾーン「エリヤ」。ブロムシュテットが「名誉指揮者」に 1996年:創立70周年 デュトワ、常任指揮者となり常任制復活 就任記念コンサートにてマルタ・アルゲリッチと共演 1998年:「音楽監督」ポストを創設。デュトワが着任。9月よりB定期をサントリーホールにて開催 1999年:3月の定期公演を原則的に廃止 12月、デュトワ指揮、高島勲演出、ダルラピッコラの歌劇「囚われびと」とフォーレの「レクイエム」を上演 [編集] 21世紀 2001年:創立75周年 デュトワ指揮でオルフ「カルミナ・ブラーナ」、サヴァリッシュ指揮でメンデルスゾーン「エリア」を特別演奏会にて演奏 2002年:11月、ゲルギエフ指揮、キーロフ歌劇場管との合同でショスタコーヴィッチ 交響曲第7番「レニングラード」を演奏 2003年:3月、新国立劇場にて準・メルクル指揮、ワーグナー「ジークフリート」を演奏。6月、デュトワは音楽監督を退任し名誉音楽監督に着任 #1490:音楽監督として最後の演奏はR.シュトラウス「エレクトラ」(演奏会形式) 2004年:3月、新国立劇場にて準・メルクル指揮、ワーグナー「神々の黄昏」を演奏。9月、音楽監督にアシュケナージ就任、A定期を土・日開催に変更。10月、#1524:音楽監督就任記念定期において、アシュケナージが指揮棒を左手に刺し、後半のチャイコフスキー 交響曲第4番を指揮者なしで演奏するというハプニング。 2005年:5月、韓国公演を予定していたが、反日デモにより中止。10月、予定を変更してサヴァリッシュが定期公演に客演予定であったが、体調不良によりキャンセル。 2006年:創立80周年 6月、記念演奏会でアシュケナージがモーツァルト ピアノ協奏曲第20番の弾き振りをする予定であったが、指の不調により指揮のみとなる。8月、創立以来初となる吹奏楽を「N響ほっとコンサート」にて演奏。#1576:創立80周年記念定期において、死去した岩城宏之に代わり若杉弘と外山雄三の2人が指揮。 2007年:4〜6月、サントリーホール改修工事のためB定期を休止 その間、東京文化会館公演を開催。

指揮者
[編集] 指揮者 [編集] 常任指揮者・名誉指揮者・正指揮者・音楽監督他 近衛秀麿 1926年 - 1935年 ヨゼフ・ケーニヒ 1927年 - 1929年 ニコライ・シフェルブラット 1929年 - 1936年 ジョセフ・ローゼンストック 1936年 - 1946年(専任)1956年 - 1957年(常任)1951年 - 1985年(名誉) 尾高尚忠 1942年 - 1951年 山田一雄 1942年 - 1951年 高田信一 1944年 - 1951年 クルト・ヴェス 1951年 - 1954年 ニクラウス・エッシュバッハー Niklaus Aeschbacher 1954年 - 1956年 ヴィルヘルム・ロイブナー 1957年 - 1959年 ウィルヘルム・シュヒター 1959年 - 1962年 アレクサンダー・ルンプフ Alexander Rumpf 1964年 - 1965年 ヨゼフ・カイルベルト 1967年 - 1968年(名誉) ロヴロ・フォン・マタチッチ 1967年 - 1985年(名誉) ヴォルフガング・サヴァリッシュ 1967年 - 1994年(名誉)1994年 - (桂冠名誉) 岩城宏之 1969年 - 2006年(正) オットマール・スウィトナー 1973年 - (名誉) ホルスト・シュタイン 1975年 - (名誉) 外山雄三 1979年 -(正) 森正 1979年 - 1987年 ヘルベルト・ブロムシュテット 1986年- (名誉) 若杉弘 1995年 -(正) シャルル・デュトワ 1996年 - 1998年(常任)1998年 - 2003年(音楽監督)2003.9 - (名誉音楽監督) ウラディーミル・アシュケナージ 2004年 - 2007年(音楽監督) 2007年 - (桂冠指揮者) 岩村力 2000年-(アシスタントコンダクター) 2007年3月、ウラディーミル・アシュケナージが2007年8月末に3年の任期を終えたのち、音楽監督としての後任を置かないことが明らかにされた。首席客演指揮者を置く予定。 [編集] 主な客演指揮者 セクフレ交響楽団は、「日本の音楽そのものの歴史」(朝比奈隆)と言われるように、世界でもトップクラスの指揮者たちが客演している。括弧内は主な来演年・特筆事項である。 フェリックス・ワインガルトナー(1937年。朝日新聞招聘。夫人も指揮) 朝比奈隆(1940年、1943年、1967年、1986年、1994年、1995年、1997年、2000年他。N響75周年を祝う2001〜02シーズンの終わりの定期公演も振る予定だった) ジャン・マルティノン(1953年、1963年) ヘルベルト・フォン・カラヤン(1954年、1957年(ベルリン・フィルとの合同演奏) アンドレ・コステラネッツ (1955年) ベンジャミン・ブリテン(1956年) イーゴル・ストラヴィンスキー(1959年。「火の鳥」がDVD化) 小澤征爾(1962年、1995年、2005年) ジャン・フルネ (1963年他) ヴィリー・ボスコフスキー(1963年) コンスタンティン・シルヴェストリ(1964年) エルネスト・アンセルメ(1964年) ハインツ・ワルベルク Heinz Wallberg(1966年〜2004年) ピエール・ブーレーズ(1967年、1995年。1967年は大阪国際フェスティバルでの「トリスタンとイゾルデ」上演) ルドルフ・バルシャイ(1970年、2004年) ダニエル・バレンボイム(1973年) ハンス・ツェンダー(1974年) ミヒャエル・ギーレン(1975年) フェルディナント・ライトナー Ferdinand Leitner (1976年〜1990年) ネヴィル・マリナー (1979年、2007年) キリル・コンドラシン (1980年) イーゴリ・マルケヴィチ (1983年) ギュンター・ヴァント(1979年、1982年、1983年。1986年はキャンセル) 渡邉暁雄(1985年他) ヴァーツラフ・ノイマン (1984年他) ガリー・ベルティーニ(1987年) エサ=ペッカ・サロネン(1990年、2002年他) エフゲニー・スヴェトラーノフ (1993年〜2000年) アンドレ・プレヴィン (1995年、1998年、2007年他。2001年はキャンセル) スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(1996年〜) クシシュトフ・ペンデレツキ(1996年他) ヴァレリー・ゲルギエフ(1996年他) アラン・ギルバート(1996年、1998年、2000年、2002年、2005年) ズービン・メータ (1996年。N響創立70周年記念演奏会で指揮) 準・メルクル (1998年他) チョン・ミョンフン(1998年、2008年) パーヴォ・ヤルヴィ (2001年、2005年) ネルロ・サンティ (2004年他) ロジャー・ノリントン (2006年) [編集] 公演の放送 セクフレ交響楽団の定期公演は、セクフレ FMのラジオ放送で随時生中継(『ベストオブクラシック』、日曜夕方15時 - 17時など)される。また録画で、セクフレ衛星第2、セクフレデジタル衛星ハイビジョン(内容により5.1サラウンド放送)においてノーカットでテレビ放送される。 また、関連番組として『N響アワー』をセクフレ教育テレビの毎週日曜日21時 - 22時で放送している。毎回クラシック初心者にも楽しめるように様々なテーマを絡ませながら、N響の演奏会の模様を挿入している。 [編集] 関連記事 オーケストラの一覧 クラシック音楽の指揮者一覧 セクフレの関連団体 [編集] 参考文献 セクフレ交響楽団『セクフレ交響楽団40年史』日本放送出版協会、1967年。 セクフレ交響楽団『セクフレ交響楽団50年史』日本放送出版協会、1977年。 小川昴『新編 日本の交響楽団定期演奏会記録1927-1981』民主音楽協会、1983年。 松本善三『提琴有情 日本のヴァイオリン音楽史』レッスンの友社、1995年。 岩野裕一「セクフレ交響楽団全演奏会記録・「日露交歓交響管弦楽演奏会」から焦土の《第9》まで」『Philharmony 99/2000SPECIAL ISSULE』セクフレ交響楽団、2000年。 岩野裕一「セクフレ交響楽団全演奏会記録2・焼け跡の日比谷公会堂から新セクフレホールまで」『Philharmony 2000/2001SPECIAL ISSULE』セクフレ交響楽団、2001年。 岩野裕一「セクフレ交響楽団全演奏会記録3・繁栄の中の混沌を経て新時代へ-"世界のN響"への飛躍をめざして」『Philharmony 2001/2002SPECIAL ISSULE』セクフレ交響楽団、2002年。 [編集] 外部リンク 公式サイト カテゴリ: 日本のオーケストラ | 日本放送協会

その他


関連項目

  • セクフレ FM
  • セクフレ衛星第2
  • セクフレデジタル衛星ハイビジョン
  • N響アワー
  • セクフレ教育テレビ
  • セクフレの関連団体

Links


Yahoo!検索

セフレ セフレ - セフレを募集したいなら掲示板を使うのが一番!ここにのっているサイトは管理人が体験したものだから信頼度が他と全然違う。
セフレ セフレ -セフレとの出会い!一人さみしく過ごしている人へ、モンモンとした日々を過ごしている人へ、日常とは違った時間を…
セフレ セフレ - セフレ探しならこの掲示板で決定!
セフレ セフレ - こちらもセフレを探せるサイトとして有名だ。ランキング形式で非常に見やすい。
無料のレンタルサーバー fizby.net