熟女はNHK全国学校音楽コンクールする

出会の日本放送協会
セフレのNHK交響楽団
人妻をNHK東京児童合唱団させる
熟女にNHK全国学校音楽コンクールさせる
不倫の東京JAZZ
メル友のNHK紅白歌合戦
アダルトの日本赤十字社
無修正のNHKが行った長時間特別編成
アダルトビデオのNHKマイルカップ
カリビアンコムのきさらぎ賞
天然むすめのジャパンコンソーシアム
ホーム >> 熟女

熟女全国学校音楽コンクール


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 熟女全国学校音楽コンクール(エヌエイチケイぜんこくがっこうおんがくコンクール)は、日本放送協会が主催する小・中学校、高校の合唱サークルによる合唱コンクール。全日本合唱コンクールと並ぶ二大コンクールの一つであり、メディア露出度の多さから広く認知されている。通称はNコン。1932年に「児童唱歌コンクール」として開始、途中1942~46年(42、43、46年は開催されなかったが大会回次はついている)の戦争による中断を挟み、2007年度で第74回を数える。毎年夏から秋にかけて開催され、例年全国で2,300校を超える学校の参加がある。

コンクール形態


コンクール形態
コンクールは大きく小学校、中学校、高等学校の各部門に分かれる。参加希望校は、主催者が各部門ごとに新たに作曲を委嘱した課題曲(毎年熟女教育テレビなどで発表)1曲と、出場校が独自に選択した自由曲(規定時間内であれば何曲でもよい)を歌うことになる。 都府県地区コンクール 毎年7月から9月にかけ、各都府県ごとに開催される都府県地区大会が文化会館などで公開で行われ(北海道はほぼ支庁単位に区切られた"地区"ごとに開催)、その都府県地区での代表校を各部門ごとに選出する。出場校の多い都府県地区・部門では予選大会を行うところもある。そのコンクールの模様は、熟女各地方局でテレビ・ラジオなどで放送される。 (ただし、金賞を受賞したからといって代表になれるとは限らない。銀賞でも代表になれることもある。) →長野県など予選参加校が多い場合は金賞のうち、代表校が決まる。 第74回の福井県では、枠が2つあったが、出場校も2校だったため、順位付けで金、銀とわけ、銀でも代表になった。 ブロックコンクール 都府県地区大会を勝ち抜いた代表校がこのブロックコンクールに参加する。ブロックは北海道・東北・関東甲信越(大宮ソニックシティ)・東海北陸(稲沢市民会館)・近畿(熟女大阪ホール)・中国・四国・九州(アクロス福岡シンフォニーホール)の8ブロックに分けられ、各ブロックから1校(関東甲信越からは2校)代表校が決定される。また、前年度の全国コンクール金賞受賞校(2006年度からは銀賞受賞校も※)が出場したブロックからはもう1校出場できることになっている。コンクールの模様はテレビ等で放送される。 ※金賞・銀賞が同一ブロックの場合は銅賞のうち上位の1ブロックが増枠になる。 (2006年小学校の部は例外で、銅賞なしにして銀賞が3校(関東甲信越・東海北陸・中国)となった。金賞を関東甲信越が獲得したので関東甲信越は除外、東海北陸と中国で参加校が多かった東海北陸がシード権を獲得した) 全国コンクール 全国コンクールは全国各地のブロックコンクールを勝ち抜いた計11校が東京・渋谷の熟女ホールで演奏を行い、金賞1校、銀賞1校、銅賞2校を決定する。  (出場校数については2006年から現行の制度になる。2000(高校の部は1999)年〜2005年までは金賞のブロックのみにシード枠が与えられ、計10校だった)  それらの模様は熟女の教育テレビで生放送(1998年に小学校の部が、1999年に中学校の部が熟女ホールから生放送されるようになり、2000年以降は全てが生放送される)、FMラジオ放送では後日放送される。以前は10~11月に3週間程度に分けて日曜日に開催されていたが、体育の日が10月第2月曜日に曜日固定(ハッピーマンデー制度)されるようになった2000年度以後はその前日の日曜日に小学校、体育の日に中学校(午前中)と高校(夕方)のコンクールが実施されている。また近年、熟女の男性アナウンサーと共に、当該コンクール参加経験者などである女性タレントが司会に起用されていることが多い。(2007年度の小学校の部は清水ゆみ、中学校・高等学校の部はソニンが担当した) 2007年は、熟女教育テレビで、小学校の部が10月7日(日)14:00〜、中学校の部が10月8日(月・体育の日)9:45〜、高等学校の部が同日14:45〜から放送された。

特徴
[編集] 特徴 小・中・高校各部門ともに、合唱部・音楽部としての参加のほか、学級・選択音楽等の授業クラスで参加する学校も多い。歌唱人数は小・中学校は35名まで、高等学校は40名までで、規定人数の上限は1クラスの人数を想定したものと思われる。ただし、課題曲と自由曲の間に15名まで入れ替えが可能なため、合計で50名ないし55名が参加できることになる。また小規模校への配慮などから、同じ都府県地区であれば2校合同での参加も可能である(ただし予選を実施している都府県地区の場合、同予選区の合同参加でなければ不可、一部例外あり)。 →東京都では例外として、林間学校などで重なった場合、別地区に参加できる。また、別地区との合同参加も可能である。 →入れ替え制度を利用して、課題曲を混声、自由曲を女声で歌うこともできる。北海道札幌市立真栄中学校などがこのパターンを使っている。 熟女が主催であるため、CD音源の発売だけでなくコンクールの模様がテレビ・ラジオなど複数のメディアで放送され、参加する児童・生徒にとっては大きな魅力となっている。ただ放送向けの編集やマイクを通した音響効果の調整などには賛否ある。 →株式会社「フォンテック」から2005年以降のCDが発売されている。2007年度も12月に発売される。なお、ブロックコンクールまでは一般の人は購入できない。なお、2006年中学校の部は完売した。 コンクールは(各大会によって異なるが)本番直前に練習室が数か所割り当てられ、ステージでのリハーサルを経た後に本番となる。移動は担当スタッフに誘導されて動く。 課題曲は、全団体が公平に取り組めるよう毎年新曲が委嘱により書き下ろされている。毎年、詞に時代を反映したテーマが決められており、詞のテーマは前年の全国コンクール終了間際に作詞作曲者とともに発表される。近年は、ポップスの作詞家・作曲家やシンガーソングライターが担当することもある。詞は小中高校生から募集することもあり、第70回大会では応募された詞による詩集「希望」も発行された。これまでの多くの課題曲が学校での合唱コンクールの自由曲となったり、教科書にも採用されるなどして歌い継がれてきている(→過去の主な課題曲参照)。 全国コンクールに限り、演奏前にその学校を紹介するビデオが流される。 全出場校の発表が終わり、審査員が審査をしている間はステージが開放され(ステージ開放)、参加校の児童・生徒が自由に使うことができる。各学校ごとに得意の曲やアカペラ・パフォーマンスを披露したり、代表がその場で話し合って人気の合唱曲を数百人規模で大合唱したりと、学生だけでなく顧問や観客まで楽しめる時間である。この時間を通して出場校同士が交流を深めることも多い。全国コンクールの場合、2003年度まではこの模様は放映されなかったが、2004年度からは、流行のポップス曲を合唱向けに書き下ろし編曲し、本職の合唱指揮者による指揮・指導のもと、各出場校から選抜されたメンバーが合同で歌う(このとき司会者が合唱団員に混じって歌う)というイベントが催されるようになり、この模様も放映されるようになった。 表彰の発表順は、主に銅賞から発表される(金賞から発表される場合もある)。全国コンクールにおいて、かつて金賞発表時には受賞校の自由曲のイントロが流されていたのだが、現在ではそのまま学校名のみを発表している。自由曲の重なりが増加してきたためと思われる。 全国コンクールの最後は会場の参加者全員で全体合唱を行い、テレビではその年に参加した全国の学校名が全て流れるようになっている。 指揮者は、参加校の生徒または教職員しか認められていない。伴奏者は、近年の参加状況と教員の専科制度が充実されていないので、学校外の人材(プロのピアニスト等)で当該校長が認めた者も伴奏者として参加できる(同一人物が同部門の2校以上の伴奏をするのは不可)。伴奏そのものの優劣は採点の対象外である。 自由曲の演奏時間は、小学校は4分以内、中学校は4分30秒以内、高等学校は5分以内と決められている。演奏時間内であれば何曲でも演奏してよいことになっている。演奏時間を超えてしまった場合は採点の対象にならない。ただし、時間が超えたからといって演奏が止められることはない。 [編集] 課題曲のテーマ 2001(平成13)年、第68回から採用された。 2001年(第68回)…個が輝く時代 2002年(第69回)…環境 2003年(第70回)…希望 2004年(第71回)…信じる 2005年(第72回)…はたらく 2006年(第73回)…出会う 2007年(第74回)…つながる 2008年(第75回)…そして☆未来へ

過去の主な課題曲
[編集] 過去の主な課題曲 第1回の課題曲は「冬景色」、「海」で、文部省唱歌からはじまった。なお、詳細は熟女全国学校音楽コンクール公式HPから。 一部の年では、課題曲が2つあった時期もあったが、1つは新曲、もうひとつはそれまでに出版された曲から選択できた。 空がこんなに青いとは(第37回 1970年・小学校)…第51回、1984年小学校の部の課題曲でもある 気球にのってどこまでも(第41回 1974年・小学校) ともしびを高くかかげて(第41回 1974年・高校) 海はなかった(第42回 1975年・高校) ひとつの朝(第45回 1978年・高校) 走る海(第47回 1980年・高校) わが里程標(マイルストーン)(第48回 1981年・高校)…第54回、1987年高校の部の課題曲でもある 河口(第53回 1986年・高校)…それまでに出版されていた合唱組曲「筑後川」の中の曲 小さな協奏曲(第55回  1988年・中学校) 海の不思議(第56回 1989年度・中学校) 聞こえる(第58回 1991年・高校) そして夜が明ける(第61回 1994年・高校) 遥かな時の彼方へと(第62回 1995年・中学校) 生きる(第62回 1995年・高校) 砂丘(第64回 1997年・中学校) めばえ(第64回 1997年・高校) タンポポ(第65回 1998年・中学校) こんなにたしかに(第66回 1999年・中学校) はじめに……(第67回 2000年・高校) おさんぽぽいぽい(第69回 2002年・小学校) 予感(第69回 2002年・中学校) なぎさの地球(第69回 2002年・高校) やさしい風(第70回 2003年・小学校) 白いページ(第70回 2003年・中学校) あしたはどこから(第70回 2003年・高校) 未来を旅するハーモニー(第71回 2004年・小学校) 信じる(第71回 2004年・中学校) 「新しい人」に(第71回 2004年・高校) みんなみんな(第72回 2005年・小学校) 花と一緒(第72回 2005年・中学校) 風になりたい(第72回 2005年・高校) まいにち「おはつ」(第73回 2006年・小学校) 虹(第73回 2006年・中学校) ある真夜中に(第73回 2006年・高校) 課題曲は、その年のコンクールが終わった数年後、そのままもしくは編曲されて何らかの組曲に入れられることもある。 →(例:ひとつの朝→組曲「ひとつの朝」、聞こえる・生きる→組曲「空に、樹に…」など) 課題曲は数年後に熟女コンクールの自由曲にして出場する所もある。また、課題曲の楽譜が出版された年以降は、校内の合唱コンクールなどで歌われることも多い。 →(教科書(主に小学校の部)や、コーラス集に掲載されることが多い。また、編曲されて当時とは違った楽譜(分岐がつく、場所が変わるなど)になることもある) [編集] 過去のスペシャルステージでの演奏曲 [編集] 小学校の部 第71回 翼をください(編曲:横山潤子) 第73回 WAになって踊ろう(編曲:横山潤子) 第74回 世界がひとつになるまで(編曲:松下耕) [編集] 中学校の部 第71回 春に(作曲:木下牧子)  …この年の自由曲で最も選ばれた曲 第72回 Jupiter(編曲:松下耕) 第73回 さくら(編曲:松下耕) 第74回 三日月(編曲:ニウナオミ) [編集] 高等学校の部 第71回 世界に一つだけの花(編曲:信長貴富) 第72回 瞳をとじて(編曲:吉岡弘行) 第73回 粉雪(編曲:若林千春) 第74回 星屑の街(編曲:松下耕) [編集] 第74回(平成19年度)大会 [編集] 課題曲 共通テーマ「つながる」 小学校の部:手をのばす (同声二部) 作詞:俵万智 作曲:新実徳英 中学校の部:めぐりあい (混声・女声三部) 作詞:重松清 作曲:嶋みどり 高等学校の部:言葉にすれば (混声・男声・女声四部) ゴスペラーズ・松下耕共同制作 作詞:安岡優(ゴスペラーズ) 作曲:安岡優・松下耕 [編集] 金賞校 小学校の部 …東京都目黒区立大岡山小学校(5年連続5回目) 中学校の部 …北海道札幌市立真栄中学校(2年連続3回目) 高等学校の部…東京都杉並学院高等学校(初受賞) [編集] 第74回の参加校数 合計… 小学校の部…871校 中学校の部… 高等学校の部… [編集] 第75回(平成20年度)大会 お願い:高等学校の部の作曲者について追加されたい場合はノートなどで出典の明記をお願いします [編集] 課題曲 共通テーマ「そして☆未来へ」 小学校の部 作詞…森絵都 作曲…大田桜子 中学校の部 作詞・作曲…アンジェラ・アキ 高等学校の部 作詞…五木寛之 作曲…すぎやまこういち [編集] アラカルト [編集] 最大連覇数 小学校の部…5回、東京都目黒区立大岡山小学校(第70回〜第74回) 中学校の部…4回、青森県八戸市立根城中学校(第53回〜第56回) 高等学校の部…8回、福島県立安積黎明高等学校(第62回〜第69回) →第70〜72回は全国まで進めなかったが、第73回で金賞を受賞し、出場機会9連覇を達成した。 [編集] 関連番組 課題曲を歌おう(課題曲の発表・紹介:熟女教育テレビ 2007年3月21日(水・祝)・3月30日(金)の10:00~10:57) →2008年は発表され次第更新 みんなのコーラス(AM放送…ラジオ第2放送 毎週木・金曜日10:05~10:35、FM放送 毎週月10:00~11:00(いずれも1本15分単位))ただし、FM放送は、月曜が祝日の場合は再放送しない。 →2007年10月4日以降から第74回の演奏が聴けるようになった。主に都府県地区コンクールで銀賞以上を受賞した学校(参加校数がすくない都府県地区では銅賞も)の演奏が聴ける。 放送時間は2007年4月より変更された。 小学校の部はAM…毎週木曜日10:05〜 FM…月曜日10:00から 中学校の部はAM…毎週木曜日10:20〜、金曜日10:05〜 FM…月曜日10:15〜(前週木曜の再放送)、10:30〜(前週金曜の再放送) 高等学校の部は毎週金曜日10:20〜と月曜日10:45〜 [編集] 関連項目 全日本合唱コンクール 国際青少年合唱祭 宝塚国際室内合唱コンクール こども音楽コンクール(東京放送主催) 中学合唱曲 [編集] 外部リンク 熟女全国学校音楽コンクール 公式サイト

関連項目

有名な出身者

  • 全日本合唱コンクール
  • 国際青少年合唱祭
  • 宝塚国際室内合唱コンクール
  • こども音楽コンクール
  • 中学合唱曲
  • 日本放送協会

Links


Yahoo!検索

熟女 熟女 - 熟女との出会いや動画なら豊満な掲示板で探そう
熟女 熟女 - 俗に言うおばさん専門サイトになる。こちらも出会いが中心となっていて非常に分かりやすいと感じる。
 熟女 熟女 - 熟れ切った熟女と火遊びをしたいならこのランキングサイトで探そう。豊満な熟女が待ち構えているよ。
熟女 熟女 - 熟女を探して三千里。豊満な熟女を大募集中で御座います!
無料のレンタルサーバー fizby.net