無修正のNHKが行った長時間特別編成

出会の日本放送協会
セフレのNHK交響楽団
人妻をNHK東京児童合唱団させる
熟女にNHK全国学校音楽コンクールさせる
不倫の東京JAZZ
メル友のNHK紅白歌合戦
アダルトの日本赤十字社
無修正のNHKが行った長時間特別編成
アダルトビデオのNHKマイルカップ
カリビアンコムのきさらぎ賞
天然むすめのジャパンコンソーシアム
ホーム >> 無修正

無修正


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (NHKが行った長時間特別編成 から転送) 移動: ナビゲーション, 検索 この項目ではNHKの定時ニュース全般について説明しています。 正午のニュースについては無修正 (正午)をご覧ください。 午後6時のニュースについては無修正 (午後6時)をご覧ください。 無修正7の前身番組については無修正 (午後7時)をご覧ください。 無修正は、NHKテレビ・ラジオの全国向け定時ニュース番組である。「ニュース7」の開始までは、19時のニュースもこのタイトルを名乗っていた(ただし新聞では「7時のニュース」と表記されたこともある)。 現在の無修正タイトルロゴは1990年(平成2年)度から使われている(ニュースの文字部分)。 国内は54の放送局のほかに支局、駐在・報道室などを通じて取材活動を行う。記者クラブの多くにも在籍している。海外ではニューヨークにアメリカ総局、ロンドンにヨーロッパ総局、北京に中国総局を構え、10か所に支局を、21か所に駐在・事務所を設置して取材活動を行っている。 このほか、400を越えるロボットカメラを東京のニュースセンターで一元管理、地震発生時の映像や航空機の不時着の映像が使用されたことがある。 NHKが取材する映像素材はすべてハイビジョンカメラ(ハイビジョンカメラによるニュース取材は1997年頃から)によるものとなるが、ハイビジョン設備が整備されていない所がまだ多い。但し、ハイビジョンによるニュース取材のための設備整備は、2003年度までに全国すべての放送局で完了しているため、ハイビジョンによるニュース取材は、全国ほぼすべての地域で行われている。また、海外総支局のほとんどの地域でも、ハイビジョンによるニュース取材が行われている。なお、ハイビジョンカメラによるニュース取材は、その後、2003年12月の地上デジタルテレビジョン放送の開始にあわせて、民放各局でも2004年春以降順次行われるようになった。

概要


概要
33,855人から寄付を頂きました。 あなたのご協力のもと、Wikipediaが世界を変革します ≫ 今すぐ寄付! "人類的知識應該被所有人自由分享!"?Pan-yin Chan [このメッセージを隠す] [詳細表示] 無修正 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (NHKが行った長時間特別編成 から転送) 移動: ナビゲーション, 検索 この項目ではNHKの定時ニュース全般について説明しています。 正午のニュースについては無修正 (正午)をご覧ください。 午後6時のニュースについては無修正 (午後6時)をご覧ください。 無修正7の前身番組については無修正 (午後7時)をご覧ください。 無修正は、NHKテレビ・ラジオの全国向け定時ニュース番組である。「ニュース7」の開始までは、19時のニュースもこのタイトルを名乗っていた(ただし新聞では「7時のニュース」と表記されたこともある)。 現在の無修正タイトルロゴは1990年(平成2年)度から使われている(ニュースの文字部分)。 国内は54の放送局のほかに支局、駐在・報道室などを通じて取材活動を行う。記者クラブの多くにも在籍している。海外ではニューヨークにアメリカ総局、ロンドンにヨーロッパ総局、北京に中国総局を構え、10か所に支局を、21か所に駐在・事務所を設置して取材活動を行っている。 このほか、400を越えるロボットカメラを東京のニュースセンターで一元管理、地震発生時の映像や航空機の不時着の映像が使用されたことがある。 NHKが取材する映像素材はすべてハイビジョンカメラ(ハイビジョンカメラによるニュース取材は1997年頃から)によるものとなるが、ハイビジョン設備が整備されていない所がまだ多い。但し、ハイビジョンによるニュース取材のための設備整備は、2003年度までに全国すべての放送局で完了しているため、ハイビジョンによるニュース取材は、全国ほぼすべての地域で行われている。また、海外総支局のほとんどの地域でも、ハイビジョンによるニュース取材が行われている。なお、ハイビジョンカメラによるニュース取材は、その後、2003年12月の地上デジタルテレビジョン放送の開始にあわせて、民放各局でも2004年春以降順次行われるようになった。 目次 [非表示] 1 概要 1.1 総合テレビ 1.2 教育テレビ 1.3 ラジオ第1 1.4 NHK-FM 1.5 BS1 1.6 BS2 1.7 BShi 1.8 NHKワールドTV / NHKワールド・プレミアム 1.9 NHKワールド・ラジオ日本 1.10 放送時間 2 無修正速報 3 臨時ニュース 4 データ放送 5 インターネット 6 備考 6.1 スポーツ中継による変更 6.2 全国ニュースからローカルニュースへの切り替えチャイム 6.3 年末年始の放送 6.4 定時ニュースにおけるアナウンサーのシフト 6.5 NHK以外での放送 7 関連項目 8 外部リンク [編集] 概要 [編集] 総合テレビ テレビに関しては報道局のみで制作するニュース番組は全て『無修正』として放送、他の部署(解説委員室、社会情報部など)や番組専属の部署(ニュース7部など)が担当した際は『ニュースセンター9時』や『無修正ワイド』などの番組名がつく…と不文律的な慣例があった。 第1回の無修正は、1953年2月1日の開局当日夕方3時から15分間「NHKテレビジョンニュース映画」と銘打って放映された。これは週間ニュース番組で、日本映画社も製作を委託し放送したが、半年後NHK独自の取材が行うようになる。またデイリーニュースは1日に2回程度放送されていたが、動画映像はなく項目を紙に書いて、それをカメラで写した上でアナウンサーがナレーションをしていたが、1954年に本格的な動画入りのデイリーニュースの放送を開始し、時間を拡大するようになった。 1988年4月に大改編を実施。『NHKモーニングワイド』『イブニングネットワーク』『無修正TODAY』が放送開始。1990年4月に『無修正21』『ミッドナイトジャーナル』放送開始。 1993年4月の番組改編で『無修正おはよう日本』を「おはよう日本部」が担当、『無修正7』等、夜の全国向けニュースを「ニュース7部」が担当。2000年4月の番組改編でニュース10プロジェクトによる『無修正10』が登場。ニュース7部は「テレビニュース部」に変更される。 なお、それぞれの放送局で制作のローカルニュースについても無修正として放送している。よって、2006年4月から1年間放送された「スポーツ&ニュース」では、途中からローカルニュースに切り替わったが、これは無修正となっていた。しかし、首都圏ニュースや無修正岡山など、独自タイトルで放送するケースがあり、夕方18時台のローカルニュースは『首都圏ネットワーク』など、無修正のみがタイトルになる事は少ない。 国会会期中は、その日の一番早いニュース(深夜)で昨日成立した法律の概要が紹介される。 午前7時、正午、午後7時にはそれぞれ5秒前の段階からアナログ時計を使った時報が入っていたが、2004年4月以降、時報の「ポ・ポ・ポ・ピーン」がデジタル地上波放送と若干のタイムラグが生じることを踏まえて省略されている。NHK神戸放送局の放送エリア(兵庫県内)ではその時刻になった瞬間に、当放送局のオリジナルロゴのテロップがテレビ画面の右下に流される。 [編集] 教育テレビ 主に手話通訳者による『NHK手話ニュース』などを放送している。また、2007年4月からは地上デジタル放送のマルチ編成(023ch)のみだがNHKワールドの英語ニュース(NHK NEWSLINE)も火・水・木とすべての曜日ではないが、放送されている(国際放送で画面左上に表示されるNHKのロゴは国内向けの放送では一切表示されていない。これは国際放送専用の送出マスターを経由せず、国際放送専用サブから局内回線で国内放送専用の送出マスター(コントロールルーム)に直接受けて送出されるため。)。 [編集] ラジオ第1 毎正時に『無修正』を放送(但し日曜日の9時、20時を除く)。平日(一部土曜日・日曜日の朝)には毎時30分からも放送している(5:30、6:40 ※『ラジオ体操』の放送がある為、7:30、8:30、9:30、10:30、13:30、14:30、15:30、16:30、17:30、20:30)。災害報道などの緊急時には、土日祝日でも、毎時30分からニュースが放送される。一部時間帯はNHKワールド・ラジオ日本でも同時放送されている。また毎月最終月曜の20:30のニュースも「新・話の泉」が事前収録で放送される関係もあり放送されていない。 『無修正』という番組名でないのは19:00〜の『NHKきょうのニュース』平日22:00〜の『NHKジャーナル』(祝日の場合は22:15まで無修正)。また、平日18:00〜の『NHKラジオ夕刊』では本来18時放送のニュースを番組内で内包している。 ローカルニュースは7:00、12:00、「NHKきょうのニュース」、23:00の全国向けニュースの後に放送、週末23:00の分は土曜日は22:55から、日曜日は23:10から放送。また、毎時55分から毎正時までの5分間は、基幹放送局から地域情報を放送し、交通情報や天気予報と共にニュースを伝えるときもある。 2006年時点の番組編成では、平日ではプロ野球や高校野球などの中継がなければ、結果的に、17:55〜20:05(17:55・ローカルニュース→18:00・NHKラジオ夕刊→18:50・ローカルニュース→19:00・NHKきょうのニュース→19:55・ローカルニュース→20:00・定時ニュース)と、2時間以上もニュース番組がつながることになる。 さらに、平日では22:55〜23:00の「音の風景」をはさむが、21:55〜23:20(21:55・ローカルニュース→22:00・NHKジャーナル→23:00・定時ニュース)とニュース番組が放送される形になる。 また、毎週日曜日の9:00〜は『日曜討論』(9:00〜10:00)の放送のため、同じく毎週日曜日の20:00〜は、『ふるさと自慢歌自慢&ふるさと自慢コンサート』(19:20〜20:10)の放送のため、無修正の放送はない(高校野球中継などラジオ第1でのみ特別番組の放送がある場合は放送)。 ラジオで放送されるニュース素材音源は、一部を除きテレビ放送のものを使用している。スポーツ中継ではそのままラジオ第1放送の中継音源を使用しているが、ラジオの中継がない場合はテレビ放送のものを使用する場合もある。

NHK-FM
[編集] NHK-FM 7:00、12:00、19:00に放送。基本的にラジオ第1の同時放送であるが、ラジオ第1での放送時間が変更される場合は、NHK-FM独自のニュースを制作・放送(主に土日、祝日)、2006年度では、8月15日(全国戦没者追悼式典)に実施している。そのほか、9月17日(日曜日)にも台風関連ニュースでラジオ第1放送・国際放送の放送枠が5分拡大された関係でNHK-FM単独での放送となった。なお19:00の放送は『ベストオブクラシック』の放送時間拡大(NHK交響楽団定期演奏会の中継)で休止となることもある(主に水曜日が多い)。 1:00〜5:00はラジオ第1(『ラジオ深夜便』)の同時放送にあたり、定時ニュースや臨時ニュースも同時放送される(該当地域での臨時ニュースは内容によりラジオ第1とFMの同時放送またはラジオ第1のみの単独放送となる)。それ以外の時間帯では定時ニュース放送時、震度6以上の大規模地震や津波の可能性のある地震、緊急地震速報およびラジオ第1放送が国政選挙の政見放送が行われる場合などを除いて番組途中での臨時ニュースの放送は一切行われない。 [編集] BS1 海外のニュース番組の放送の比重が多い中、NHK制作の『NHK BSニュース』を放送している。原則毎時00分から5〜15分放送。但し、大リーグ中継等スポーツ中継内でのニュースは、2〜3分間のニュースとなる。総理大臣の記者会見や皇室関連で大きな動きがある場合は総合テレビと同時放送を行う。 独自路線としては海外の提携放送局のニュースや独自リポートなどを放送する『おはよう世界』『きょうの世界』と経済ニュース番組『経済最前線』、NHKワールド制作のニュース番組(英語放送番組や海外安全情報)も放送される(NHKワールド制作のニュース番組では開始冒頭または終了時に「NHKワールド」のステーションIDが流れている)。デジタル放送ではNHKワールド制作分を除くすべてのニュース番組(緊急報道を含む)でハイビジョン同様16:9のワイドサイズで放送。2006年11月20日からは16:9ワイドサイズでの放送を大幅に拡大。アナログ放送ではアナログ総合テレビ・NHKワールドと同じく4:3よる放送。 [編集] BS2 BS2が難視聴対策用に総合テレビのニュース番組の同時放送を実施。いずれも重大ニュースによる放送時間延長に対応している。 デジタル放送ではハイビジョン同様16:9のワイドサイズで放送(緊急報道を含むすべてのニュース番組で)。BSデジタル放送開始当初はデジタル放送でも4:3で放送された一部時間帯もあったが、2003年12月の地上デジタル放送の開始にあわせて、緊急報道を含むすべてのニュース番組が16:9での放送となった。アナログ放送ではアナログ総合テレビ・NHKワールドと同じく4:3よる放送。 [編集] BShi 衛星放送全体の編成見直しにより、2006年12月31日の正午のニュースをもってそれまで放送されていた定時ニュース(『無修正おはよう日本』などを含む)が全て姿を消し、BSで放送される地上波のニュース番組はBS2に一本化されたため、一部の国会中継と災害・地震・津波などの緊急報道(緊急警報放送)がある場合のみに限られている(衆議院・参議院の総選挙の開票速報の同時放送も行われなくなった)。 そのため、地上デジタル放送の送信所未開局地域(現時点で受信できない地域)では、地上デジタル放送中継局の開設・試験放送が始まるまでの間、NHKのニュース番組は当分の間ハイビジョン画質で視聴することができない(BS1、BS2はハイビジョンと同じ16:9ワイド画面で放送されるが標準画質である。ただ、BS1・BS2も近い将来はハイビジョンチャンネル化されることになっている(時期未定))。 これまでは2000年12月1日のBSデジタル放送開始と同時始まり、BS2と同じく、総合テレビの同時放送を実施し放送時間の延長にも対応していた(編成の都合上途中飛び降り・飛び乗りとなったこともあった)。 放送期間中もプロ野球中継や大晦日のデジタル紅白歌合戦(前説番組)その他、特別番組(2005年に1回だけ「NHK音楽祭」の生中継があった)がある時は無修正7は休止となっていた。 [編集] NHKワールドTV / NHKワールド・プレミアム 日本語によるニュース番組は総合テレビとBS1の国内同時放送を実施(国際放送単独制作の日本語ニュースはテレビはなく、ラジオのみとなっている)。国内放送の編成に合わせて放送しているため、時差放送や別番組差し替えになるなど放送時間の変更などによる対応はその時々の判断に委ねる事が多い。 とくにオリンピックやFIFAワールドカップ期間中は、放送権の都合で、多く入っている競技の映像などが放送できない(競技のニュース素材がそのまま放送されると他国の独占放送権を持つ放送局などへの侵害にもつながるため、国際放送での放送が禁じられている。通常はお断り画面を表示。お断り画面の表示は、一部の海外のスポーツニュースや映画の紹介、その他NHK以外の権利団体から提供を受けた素材が放送される度に行われる)ため、ほとんどの定時ニュースでその部分をカットした上での時差放送となり、NHKワールド独自でオリンピック情報が放送される。そのほか英語によるテレビニュースやNHK文字ニュース(日本語・英語 地上アナログ放送の文字多重放送で行われているのと同一内容でBGMを付加)も放送されている。時間帯により総合テレビとBS1のニュース番組同時放送では、画面下に英語字幕をティッカー形式で表示して放送されている。 [編集] NHKワールド・ラジオ日本 日本語によるニュース番組は国際放送局による独自制作のほか、ラジオセンターのニューススタジオから放送されるラジオ第1放送・FM放送のニュース番組の国内同時放送も実施している。国内同時放送ではテレビ国際放送とは異なり、オリンピックやFIFAワールドカップ期間中でも時差放送などの差し替えは一切行わず、ニュース番組の国内同時放送でもテレビ・ラジオの中継音源はそのまま放送される。そのほか、英語など各国の言語で伝える外国語ニュースもある。その中の英語・中国語・朝鮮語・スペイン語・ポルトガル語のニュースについては、ラジオ第2放送で同時あるいは時差放送が行われている。 [編集] 放送時間 無修正の放送時間を参照のこと。 [編集] 無修正速報 総合テレビ、衛星第1テレビ、デジタル衛星ハイビジョンでは通常番組放送中に「無修正速報」というニュース速報テロップをおこなっている。総合テレビでは関東地方以外の地域では地域放送(地域向けの全国放送番組の時差放送も含む)が行われている場合東京からの送出より約1分遅れて表示される。これは教育テレビを除く(教育テレビでも高校野球が放送されている時に地震があれば速報テロップが送出される)テレビ放送全波で表示される「NHK地震情報」(全国放送で震度3以上)も同様である(時刻出しと重ならない位置で表示される)。なお、「無修正速報」は皇室、政治、国際情勢に大きな動きがあった場合、都道府県知事・主要都市の市長・衆参両院議員の補欠選挙の開票、災害・地震の緊急時、交通機関(鉄道・高速道路)の不通があった場合に放送される。また、毎年必ず、プロ野球のリーグ優勝や日本一が決定(試合終了と同時に即表示)したときにも放送される。総合テレビ、衛星第1テレビ、デジタル衛星ハイビジョンが放送休止中で停波していない状態の灰色画面(デジタル衛星ハイビジョンは断り書きが記された青色の模様画面)でも情報が入った場合、速報テロップは表示される。 海外向け国際放送のNHKワールドでは「無修正速報」および「NHK地震情報」といった速報テロップは一切表示されていないが、臨時ニュースがあった場合は随時放送している。但し、2007年7月29日の参議院通常選挙の選挙開票速報放送時はNHKワールドでもニュース速報のテロップが流れた(当選確実者の速報テロップを流す関係上)。 全国ニュース放送時に「NHK地震情報」があった場合(東京送出の全国放送のみに限る)は映像部分の表示を避け、ニュースセンターの副調整室から出される逆U字型画面の青色スペース部分に表示される。地震情報のテロップが表示されないNHKワールドでも逆U字型画面の青色スペース部分のみそのまま表示されるが、あくまでも日本国内向け放送への速報テロップを表示するための操作である。 [編集] 臨時ニュース 基本的に、重要な事件・災害などが発生した場合は総合テレビ・ラジオ第1・衛星放送などの総合編成を実施するチャンネル(国際放送も含む)で通常編成を変更して対応する。但し、発生日が大相撲中継に当たる場合、その中継は教育テレビで放送される。過去には「臨時ニュース NHK」のタイトル画面(昭和天皇崩御の際は、黒画面に白の毛筆で「天皇陛下崩御」と書かれたもの)を表示していたが、現在では、通常放送と同じ「無修正」のタイトルを表示している。 また、原則として、最大震度6弱以上の地震が発生した場合、または津波警報が発令された場合は、NHK東京のニュースセンター内にある送出「開始」ボタンを押下することにより、NHKの送信している国内放送および国際放送NHKワールドのテレビ・ラジオ全ての放送を強制中断し、臨時ニュースチャイムを流した上で、東京のニュースセンターからの中継に自動的に切り替え、災害に関する情報を全波一斉に放送することになっている(ただし大津波警報・津波警報発令が臨時ニュース開始より先にあったときは、緊急警報放送の信号音のみでチャイムは省略)。 NHK内部では、ニュースの重要度に応じて何種類かの臨時ニュース告知用のチャイムを用意している。現在確認出来るのは、天皇の崩御(死去)等極めて重大な事象が発生した時に流されるものと、震度6弱以上の地震発生および津波警報発令時などに流されるものがある。真珠湾攻撃開始を知らせるラジオの臨時ニュースで流されたチャイムは、おそらく最もグレードの高いものと思われるが、戦後このチャイムを使った臨時ニュースは確認されていない。 また、上記の場合以外に放送された事例として、次の3件がある。 1980年5月19日の衆議院解散(1980年5月16日の第2次大平内閣不信任決議案可決による69条解散・通称ハプニング解散) 新元号「平成」決定 - 1989年1月7日 湾岸戦争開戦 - 1991年1月17日 NHK東京のニュースセンターでは、交代制でアナウンサーが24時間待機しており、いつでも緊急事態に対応できるようになっている。

データ放送
[編集] データ放送 NHKテレビのデジタル放送では、データ放送を通じて、ニュース配信を行っている(デジタル総合テレビは全国分とお住まいの地域分の2種類。BSハイビジョンは全国分のみ。いずれも記事のみ。)。24時間いつでも最新のものに更新されている。また、デジタル総合テレビ、デジタル教育テレビ、デジタル衛星ハイビジョンではインターネット回線を利用して視聴者が希望する地域ごとのニュース配信も行っている(NHKデータオンライン)。なお、デジタル衛星第1・2テレビのデータ放送は気象情報(お住まいの設定地域)のみとなっている。 [編集] インターネット データ放送を開始したのち、2001年からデータ放送の内容をインターネット「NHKオンライン」を通じての再配信を実施。パソコン端末のほかに携帯電話端末のインターネットサービスでも閲覧することが可能。現在ではパソコン向けにそのニュースに関連した映像配信も実施している(映像サイズはハイビジョンと同様の16:9)。 台風や災害などが発生したときは安否情報のほかに、特設ページを設けて最新情報を伝える(記事のみ)。これを活かして法案成立が集中したときや、関心のある重大ニュースがあるごとに特設ページをその都度開設している。 カメラ付き携帯電話の普及に伴い、事件や事故、地元の話題の写真を募集。テレビニュースで利用することがある。 基本はテレビ放送やデータ放送の2次利用である。しかし、新聞社や他の放送局は「民業圧迫だ」と繰返し非難している。放送事業に直接関係していないことや、新聞社や他の放送局が赤字続きのインターネット配信の収益モデルを未だ確立していないことも挙げられる。 [編集] 備考 [編集] スポーツ中継による変更 大相撲中継や高校野球放送時は、毎時30分のニュースを休止。毎時0分のニュースは頃合を見て放送する。なお、地域によって放送される交通情報は毎時30分頃、中継音声を中断して放送。但し、ローカルでスポーツ中継を行う場合は緊急時の場合を除いては毎時0分のニュースは一切放送されない。 [編集] 全国ニュースからローカルニュースへの切り替えチャイム ラジオ(第一・FM)では、1993年の春頃までは全国ニュースからローカルニュースに切り替わるときに「ポーン」というチャイムを鳴らしていた(北海道地方でも札幌から道内各局別のニュースに切り替わるときも同様だが、こちらは東京からの放送で切り替えを告げるチャイムを鳴らさなくなった後もしばらくの間続いていた)。これはFM放送でも同様である。 1985年頃までは、ニュース(ローカルニュース)の終了時に、「○○がお伝えしました、××時△△分になります、NHK(『エヌ・エイチ・ケイ』と区切った形でいうことが多い)」とアナウンスが入っていた。2006年時点では、ラジオ第2の株式市況と気象通報の終了時に「エヌ・エイチ・ケイ」のアナウンスが残る。 [編集] 年末年始の放送 12月28日で御用納めとなるため、年末年始(12月29日〜1月3日)にかけては特別編成の関係で定時ニュース枠が変更される。 総合テレビのおはよう日本、ニュースウオッチ9、きょうのニュース&スポーツ、ラジオのNHKラジオ夕刊、NHKジャーナルなど→休止 総合テレビの無修正7→12月31日と1月1日のみ放送時間を20分間に短縮。それ以外は通常どおり30分。 一年最後の無修正は紅白歌合戦のインターバルで放送される。 [編集] 定時ニュースにおけるアナウンサーのシフト 総合テレビ、ラジオ第1放送、NHKワールド・ラジオ日本(以下便宜的に「国際放送」と表記する)で放送される(特に毎日決まった担当者がいるわけではない)定時ニュースの人員シフトは、同一の枠内で組まれている。 定時ニュースに専従するアナウンサーは4人。分担の内訳は 日中 午前のラジオ第1と午後の総合テレビを担当 午後のラジオ第1のみ担当 午後のラジオ第1と16:00の気象通報(ラジオ第2放送)を担当 国際放送のニュースのみ担当 夜間から翌朝 総合テレビのニュースのみ担当(ニュース以外の通常放送を放送している時間帯にニュースセンターでは災害・地震時の緊急報道を行うための模擬訓練が毎日行われる。これは深夜だけでなく、日中にも行われている。) ラジオ第1放送のニュースのみ担当 17:00からの株式市況後半(ラジオ第2放送)、ラジオ第1放送のニュースを担当 17:00からの株式市況前半、22:00・翌朝9:10の気象通報、ラジオ第1放送のニュース(4:00)、国際放送のニュースを担当 となっている。 東京アナウンス室、日本語センター、NHKラジオセンターに所属する現役アナウンサーが入ることが多い(ごく稀にNHK情報ネットワーク出向のアナウンサーが担当することもある)が、東京以外の局に所属するアナウンサー、嘱託扱いのOBアナウンサーが入ることもある。夜間は現役アナウンサーが2人、OBアナウンサーが2人(主に3.4.)担当することが多い。 総合テレビについては担当が時間ごとに固定されている場合が多く、平日は8:30・10:00と11:00・正午・13:00・18:00と17:00。土日については10:00と18:00と20:45。シフト上担当が流動するのは、14:00・15:00・16:00・の3回(いずれも平日)。 これとは別にBS1で放送するNHK BSニュースでは男性の現役アナウンサーが担当。月〜金(祝日は除く)の7:00〜翌1:00については担当者が定まっているが、月〜日の2:00〜6:00は男女を問わず担当者は定まっていない。 [編集] NHK以外での放送 サンテレビジョン、KBS京都テレビ、岐阜テレビ、サガテレビは開局した当時、NHKの12:00ニュース、19:00ニュース(現:無修正7)を同時放送していた。これは、それぞれ神戸、京都、岐阜、並びに佐賀の各放送局の県域テレビ放送(UHF)がまだ開始されていなかったことによるもの。 また、本土復帰前の沖縄でも沖縄テレビ放送や沖縄放送協会(NHK沖縄放送局の前身)で同時放送していた。 [編集] 関連項目 気象情報 列島リレーニュース 地域情報番組 国会中継 無修正 (正午) 無修正 (午後6時) 無修正 (午後7時)(現在の無修正7) 報道特別番組 [編集] 外部リンク 無修正 NHKラジオニュース カテゴリ: NHKのニュース番組

その他

関連項目

  • 気象情報
  • 列島リレーニュース
  • 地域情報番組
  • 国会中継
  • 無修正 (正午)
  • 無修正 (午後6時)

Links


Yahoo!検索

パコパコママ パコパコママ - 当サイトも未成年者にふさわしくない描写、表現がある為未成年者の利用は禁じてます。最近では様々なアダルトサイトがありますが怪しげなサイトを不用意にクリックしない事をおすすめします。 全てが怪しいサイトではありませんがワンクリック詐欺(ツークリック)等が横行しているのも事実です。当サイトはアダルトを真面目に取り扱っております。
0930は痴女 0930は痴女 - ADULT COLLECTIONは、素人のハメ撮りをメインに、オリジナル動画やサンプル動画が見れるサイトへのリンク集です。
nanpa.com nanpa.com - 下のボタンをクリックするとそれぞれのフェチパラダイスに行けるようになっています。どんどん見てね♪
ジャパビューティー ジャパビューティー - 美乳コンテストで見事1位に輝いたERINAちゃん。白いお肌が取ってもきれい!ERINAちゃんのHな声で何度もいきそうになっちゃった!!
素娘ドットコム 素娘ドットコム - ロリフェイスでチ●ポの先っちょをぺロリンコ!水着着たままの胸にザー汁発射すると陵辱してるようで興奮度満点だぃ!
素人党 素人党 - 潮吹き(しおふき) とは、性行為中に女性の膣周辺(尿道説と膣説がある)から何らかの分泌液(スキーン腺分泌液という説あり)が噴出する現象の事。スキーン腺はGスポットに存在し、女性の前立腺と呼ばれる。
無料のレンタルサーバー fizby.net